tweet検索後深草上皇編

歴代天皇bot

20/05/30 四条天皇の説明を修正しました。(西園寺公望→西園寺公経)

九十四代 後二条天皇 諱:邦治 三代ぶりの大覚寺統。両統迭立による皇位争奪戦の結果、後深草院から後伏見院まで史上最多の五人の上皇が同時に存在した。父、後宇多上皇の院政下にあり、在位7年で病没。

twittbot.net

歴代天皇bot

20/05/30 四条天皇の説明を修正しました。(西園寺公望→西園寺公経)

九十二代 伏見天皇 諱:煕仁 三代ぶりの持明院統で、後深草上皇の院政がすぐに終わったため親政を行った。武士、浅原為頼が宮中に夜襲を仕掛ける暗殺未遂事件に遭った。自身の皇子を皇太子に就けたため大覚寺統との関係が悪化した。

twittbot.net

歴代天皇bot

20/05/30 四条天皇の説明を修正しました。(西園寺公望→西園寺公経)

九十一代 後宇多天皇 諱:世仁 即位直後に元寇が発生し、父亀山上皇と共に国防祈願を行った。亀山系が二代続いた事に不満を持った伯父後深草上皇の意向と幕府の斡旋により皇太子には従兄の煕仁親王が就き、以後亀山系と後深草系が入れ替わり即位する両統迭立状態になる。

twittbot.net

歴代天皇bot

20/05/30 四条天皇の説明を修正しました。(西園寺公望→西園寺公経)

九十代 亀山天皇 諱:恒仁 在位中から院政期にかけてモンゴルが来襲し、国難に対する祈願を行った。父、後嵯峨上皇の意向により皇子を皇位に就けたことで兄後深草上皇の系統との迭立状態が始まり、大覚寺統及び後の南朝の祖となる。

twittbot.net

歴代天皇bot

20/05/30 四条天皇の説明を修正しました。(西園寺公望→西園寺公経)

八十九代 後深草天皇 諱:久仁 父、後嵯峨上皇の院政下にあり実権は無かった。病により弟亀山天皇に譲位したが、父が亀山系の皇位継承を命じたことに反発して政治工作を開始し皇統が分裂した。持明院統及び北朝の祖。深草帝は五十四代仁明天皇の別称。

twittbot.net

歴代天皇bot

20/05/30 四条天皇の説明を修正しました。(西園寺公望→西園寺公経)

九十四代 後二条天皇 諱:邦治 三代ぶりの大覚寺統。両統迭立による皇位争奪戦の結果、後深草院から後伏見院まで史上最多の五人の上皇が同時に存在した。父、後宇多上皇の院政下にあり、在位7年で病没。

twittbot.net

歴代天皇bot

20/05/30 四条天皇の説明を修正しました。(西園寺公望→西園寺公経)

九十二代 伏見天皇 諱:煕仁 三代ぶりの持明院統で、後深草上皇の院政がすぐに終わったため親政を行った。武士、浅原為頼が宮中に夜襲を仕掛ける暗殺未遂事件に遭った。自身の皇子を皇太子に就けたため大覚寺統との関係が悪化した。

twittbot.net

歴代天皇bot

20/05/30 四条天皇の説明を修正しました。(西園寺公望→西園寺公経)

九十一代 後宇多天皇 諱:世仁 即位直後に元寇が発生し、父亀山上皇と共に国防祈願を行った。亀山系が二代続いた事に不満を持った伯父後深草上皇の意向と幕府の斡旋により皇太子には従兄の煕仁親王が就き、以後亀山系と後深草系が入れ替わり即位する両統迭立状態になる。

twittbot.net

歴代天皇bot

20/05/30 四条天皇の説明を修正しました。(西園寺公望→西園寺公経)

九十代 亀山天皇 諱:恒仁 在位中から院政期にかけてモンゴルが来襲し、国難に対する祈願を行った。父、後嵯峨上皇の意向により皇子を皇位に就けたことで兄後深草上皇の系統との迭立状態が始まり、大覚寺統及び後の南朝の祖となる。

twittbot.net

歴代天皇bot

20/05/30 四条天皇の説明を修正しました。(西園寺公望→西園寺公経)

八十九代 後深草天皇 諱:久仁 父、後嵯峨上皇の院政下にあり実権は無かった。病により弟亀山天皇に譲位したが、父が亀山系の皇位継承を命じたことに反発して政治工作を開始し皇統が分裂した。持明院統及び北朝の祖。深草帝は五十四代仁明天皇の別称。

twittbot.net