tweet検索大徳寺通編

小 澤 富 男

 地元で生まれ育ち、昭和44年から平成23年まで公務員、憧れの仕事でした。定年退職後はお寺の総務部で5年仕事。今は保育園でバスの運転手、子供好きのお爺さんです。

船岡山山頂で景色を眺めてから東側へ移動。浄福寺通へ下り、建勲神社正面から大徳寺境内を抜け帰宅🏠️👣 https://t.co/4yGfIRKB1s

Twitter for Android

もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot

もちぶつをつぶやきます。中の人は「禅研究会」です。本研究会は「もちぶつbot」として、『望月佛教大辞典』で個人的に気になる項目を不定期に投稿しています(著作権はすでに消滅)。投稿した際は研究会のブログにもアップします。現在は33観音をつぶやき中。

宗峰妙超は花園、後醍醐両朝の叡信を辱うし、洛北紫野に大徳寺を創め、大徳寺派の基を開く。その門に関山慧玄、徹翁義亨、白翁宗雲、虎渓道壬、海岸了義、金剛日山等の諸英あり。徹翁義亨は鏡堂覚円、通翁鏡円等に参じ、尋いで宗峰妙超に謁して心印を稟け、大徳寺2世の席を補す。

twittbot.net

もちぶつ(望月信亨等編『仏教大辞典』)bot

もちぶつをつぶやきます。中の人は「禅研究会」です。本研究会は「もちぶつbot」として、『望月佛教大辞典』で個人的に気になる項目を不定期に投稿しています(著作権はすでに消滅)。投稿した際は研究会のブログにもアップします。現在は33観音をつぶやき中。

宗峰妙超は花園、後醍醐両朝の叡信を辱うし、洛北紫野に大徳寺を創め、大徳寺派の基を開く。その門に関山慧玄、徹翁義亨、白翁宗雲、虎渓道壬、海岸了義、金剛日山等の諸英あり。徹翁義亨は鏡堂覚円、通翁鏡円等に参じ、尋いで宗峰妙超に謁して心印を稟け、大徳寺2世の席を補す。

twittbot.net