tweet検索ソシュール編

脊髄反射の限界を越えて

現代文明は滅びていて、今は滅びきるまでの1馬身の時代を生きてる。1986年を元年とするPC(ポストチェル)曆で今年はPC37年。言語的人類再生のための新しい文明は、言語のデジタル性を理解する所から始まる。言語学者得丸久文。著書は初めて道元の永平廣録を解読し た『道元を読み解く』

@NaomikiSato そのアブストラクトは、ソシュールを歪めるための工作だったのでは? 2018年の国際言語学者会議は、南アフリカのケープタウンで開催しましたが、 言語起源のセッションなかったからねー

Twitter for Android

丸山圭三郎

私淑している丸山圭三郎の言葉を入れたボットです。フォロー・リムーブはご自由に。リムーブの際はブロックでお願いいたします。何かございましたら@Abraxas_Aeonの方にまでどうぞ。

ソシュールの記号学解体=構築の後段階が目指すものは、ラングの現象面と本質面の区別というよりは、むしろ意識の表層における言葉のあり方から、未だ共同主観化されていない深層意識における言葉の活動へと垂直に下降する試みであった。

twittbot.net

♨️

都立大仏文 M1 note https://t.co/GFfV5ZWap7 ほしい物リスト https://t.co/V9GfQLULEf

「ソシュール流に考えれば、われわれが互いに交通しうるのは、一つのラング(規則・コードの体系)を共有するからであり、コミュニケーションとはその意味でゲームである。ウィトゲンシュタインは、まさにこの意味でのゲームを否定するためにこそ、「言語ゲーム」をもち出すのだ」(43, 44)

Twitter for iPhone

♨️

都立大仏文 M1 note https://t.co/GFfV5ZWap7 ほしい物リスト https://t.co/V9GfQLULEf

『内省と遡行』ではヤコブソン(のソシュール読解)に対するソシュールが、固定されたパースペクティブ(内省)の底のカオス(遡行)を捉えているものとして、評価されていたけれど、『探求I』では、ソシュールに対してウィトゲンシュタインが評価… https://t.co/rCURVQgGCN

Twitter for iPhone

Naomiki Sato

「自己組織化記憶言語学」。確立されれば新しい科学のパラダイムシフトを拓く可能性を持つ学問です。興味のある方を探しています。I define language as a self-organizing system based on our individual and collective memory.

@shinrai669669 私には「中世的」過ぎな内容ですね。 ソシュールから百年、言語学はなんの進歩もしていません。 ソシュールのお陰で、文法学を言語学と呼ぶ事が出来た百年だったと言う事ですね。

Twitter for iPhone

丸山圭三郎

私淑している丸山圭三郎の言葉を入れたボットです。フォロー・リムーブはご自由に。リムーブの際はブロックでお願いいたします。何かございましたら@Abraxas_Aeonの方にまでどうぞ。

〈中観派〉の〈縁起〉説によれば、全ての事象は関係の産物である。これは「自立的・恒常不変・単一という三つの性質を持った即時的存在である〈自性〉の否定」という点で、そのままソシュールのいう〈実体なき関係の世界〉と同じである。そしてその原因を存在喚起力としての言葉に見るところも同じだ。

twittbot.net

iroiroanki7

ソシュール 言葉と意味の結びつきは恣意的である。

twittbot.net

勉強用BOT1

読んだ本の中から興味を持ったものを抜粋しています。 @harukaka_

もし、他方で、ソシュールの差異概念のラディカルな性格が確認されるならば、意味記号化の体系の間断なき生産性が明らかとなり、こうした厳密な区分の無効性を証明することになる。

twittbot.net

ええ、それでですね…

@uto_midori 私の方が浅いなんちやって知識だと思います。 この辺りはソシュールの言語学的な定義と、ラカンなどの他分野の人の定義が混ざって難しいですね。 丸山圭三郎さんチェックしてみます。

Twitter for iPhone

勉強用BOT1

読んだ本の中から興味を持ったものを抜粋しています。 @harukaka_

これらは、ソシュールが言語使用者である超越的主体を最初に定立したことの結果であるをそこで思想は、なんらかの形で言語に先んじて存在するものと考えられることになる。

twittbot.net

烏兎(烏兎の庭)

https://t.co/G9dq8LTeS0

@yodome_chan 私はソシュールを丸山圭三郎経由で読んだだけの耳(読み?)学問です。

Twitter for iPhone

勉強用BOT1

読んだ本の中から興味を持ったものを抜粋しています。 @harukaka_

ソシュール自身の仕事においては、話す主体の構成の問題は、全然問われていない。終始、彼は、彼の分析の対象である言語体系のために、まえもって与えられた使用者というものを仮定する。

twittbot.net

勉強用BOT1

読んだ本の中から興味を持ったものを抜粋しています。 @harukaka_

主体が、述定を可能ならしめる諸位置において、まさしく意味記号化連鎖の生産性の制限によって、いかに構成されるかを示しているのは、精神分析である。しかし、ソシュール自身の仕事においては、話す主体の構成の問題は、全然問われていない。

twittbot.net

勉強用BOT1

読んだ本の中から興味を持ったものを抜粋しています。 @harukaka_

ソシュールは、意味、〈意味されるもの〉が個人の発話行為におけるそれの実現に先立って存在したという基盤の上に言語学と構造主義が立脚する道を切り開いたのである。

twittbot.net

公務員 思想 一問一答bot

思想の一問一答を流します。30分に一回呟きます。公務員向け。 何かあればこちらのアカウントに直接リプをお願いします。稀にですが確認します。現在製作段階。 姉妹編 学術系4科目bot @syakaigaku

Q 次のキーワードから連想される思想家は誰か。 「ラングとパロール(ラングはパロールの規則の体系であり、パロールによって顕在化することができる)」「言語学者」「言葉の意味は、言葉全体の中でとる位置関係によって決まる」 A ソシュール

twittbot.net